カートをみる マイページ&会員登録 ご注文方法 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

シングルハーブティー ブレンドハーブティー おためしセット お茶&ハーブ フルーツティー ティーバッグ ハーブコーディアル ティカップ&ティーポット


目的別ブレンドハーブティー目的別ブレンドティー

送料値下げしました。

メールが届かなかった方はこちらをご確認ください

ハーブって?

ハーブの歴史はずっとずっと昔ギリシア時代にさかのぼります。

中世の時代には修道院の中にハーブガーデンが作られ使用されていました。

ハーブの定義とは?

1.香りがある

2.草本である

3.暮らしに役に立つ

4.古代オリエントを発祥の地とする

つまり、これをまとめると

“古代オリエントを発祥とし、人々の暮らしにかかわって役に立つ、香りのある草本類の総称”となります。

ハーブは、ラテン語の草を意味する言葉(herba)を源としています。

ドライハーブの保存方法

ハーブは天然素材の為、特に6月〜10月の間に関しましては、日本の風土・気候により、

稀にポプリ虫が発生する場合があります。

プラスハーブでは脱気包装してお届けいたします。

商品を開封されましたら、密閉容器に乾燥剤を入れ直射日光・高温多湿を避け保存してください。

冷蔵庫・冷凍庫での保存をおすすめ致します。

ハーブティーを淹れる道具

ハーブティーを淹れるのに特に必要な道具はありません。

ご家庭にある道具でハーブティーをお楽しみください。

あったら便利な道具をご紹介しますね。

*ガラスのティーポットがあると浸出時間中の花や葉が広がっていく様子を楽しむことができます。

*ハーブティーは色の美しさも楽しめる飲み物ですから、ガラスのティーカップか白い色のティーカップがあるととても綺麗です。

*ハーブを計るティースプーン

*茶漉し(ストレーナー) きめの細かいものがいいです。

*砂時計

ハーブティーの淹れ方

《道具の準備》
ティーポットとティーカップはあらかじめ温めておきます。

《ティーポットにハーブを入れる》
ティーポットに人数分のハーブを入れます。
ハーブの量は、ティーカップ1杯分(180cc位)に対してティースプーン山盛1杯(5g)が基準です。
ハーブの種類・お好みに応じて調整してください。
実や種など大きめのハーブはエキスを出しやすくするために、スプーンの背で軽く押しつぶしてください。

《ティーポットにお湯を注ぐ》
沸騰から一呼吸おいたお湯(90℃〜95℃)を静かに注いで、香りが逃げないように素早くフタをします。

《3〜5分蒸らす》
シングルハーブ:花や葉は3分、実や種は5分が飲み頃です。
ブレンドハーブ:約3〜5分
蒸らし終えましたら、すぐにハーブを取り出してください。
そのままにしておきますと苦味や渋みが出てしまいます。

《ティーカップに注ぐ》
ティーポットを水平に軽くまわして、お茶の濃さを均一にして、カップに注いでください。

*ハーブティー専用のポットがない場合は急須でもOKです。
(きめの細かい茶漉しをご使用ください)

とっても簡単!ティーメイト編
        ハーブティーの淹れ方

とっても簡単!電子レンジ編
電子レンジ編


   時間のない時やお子様のいらっしゃる方にはお手軽なハーブティーの淹れ方です。
   ぜひ一度お試しください。
   注:蓋は絶対にしないでください。


      癒しタイム


アイスハーブティーの淹れ方

《道具の準備》
ティーポットはあらかじめ温めておきます。
冷やしたグラスと氷を用意しておきます。

《ティーポットにハーブを入れる》
ティーポットに人数分のハーブを入れます。ハーブの量は、ホットのときと同じ分量です。
ティースプーン山盛1杯(5g)が基準です。
お湯の量はホットのときの2分の1〜3分の1にして、2〜3倍濃いお茶を作ります。
ハーブの種類・お好みに応じて調整してください。
実や種など大きめのハーブはエキスを出しやすくするために、スプーンの背で軽く押しつぶしてください。

《ティーポットにお湯を注ぐ》
沸騰から一呼吸おいたお湯(90℃〜95℃)を静かに注いで、香りが逃げないように素早くフタをします。

《3〜5分蒸らす》
シングルハーブ:花や葉は3分、実や種は5分が飲み頃です。
ブレンドハーブ:約3〜5分
蒸らし終えましたら、すぐにハーブを取り出してください。
そのままにしておきますと苦味や渋みが出てしまいます。


《グラスを用意する》
熱に強いグラスを用意し、グラスにいっぱいの氷を入れます。
ティーポットを水平に軽くまわして、お茶の濃さを均一にして、グラスに注いでください。
氷が溶けてちょうどよい濃さ・分量になります。

*ハーブティー専用のポットがない場合は急須でもOKです。
(きめの細かい茶漉しをご使用ください)
アイスハーブティー

  

ティーバッグの淹れ方

《道具の準備》

ティーカップはあらかじめ温めておきます。

《ティーバッグをティーカップへ》

ティーバッグを1個ティーカップに入れます。

《ティーカップにお湯を注ぐ》

沸騰から一呼吸おいたお湯(90℃〜95℃)を静かに注ぎます。

香りが逃げないように素早くソーサーなどでフタをします。

《3〜5分蒸らす》

3〜5分蒸らします。

蒸らし終えましたら、すぐにハーブを取り出してください。そのままにしておきますと苦味や渋みが出てしまいます。